光回線を変更する時の注意点

光回線を変更したくなったら・・・?

光回線を契約した後に、他の回線のほうが速度が速そうとか、料金が安いなど契約する時にはわからなかったことでも、後で探してみると良い回線が見つかることがあります。
もし、インターネット回線を変更したくなった場合には、どうやって替えたら良いのでしょうか。

 

光回線を変更する時に注意するべきこと

1)代理店を経由して申込む
申込をする時には、必ず代理店を経由して申込むことをお勧めします。
適当に見つけたところでそのまま申込みをしてしまうと、本来なら受け取れるはずのキャンペーンが適用にならない場合があります。
代理店を経由して申込むことによって、様々なキャンペーンが適用されますので、必ず代理店を経由して申込むように心がけてください。
2)先に変更できるかどうかを確認する
他の光回線にも契約している場合、良いインターネット回線が見つかったら簡単に変更ができるわけではありません。
変更してしまうと違約金が出ないかどうかを確認する必要があります。
契約している内容によっては、違約金として数千円〜数万円支払わなければならない場合がありますので、解約をする前に必ず確認しておきましょう。
もし、解約しないでそのまま利用すると月額料金の請求が来てしまいます。
そうならないためにも、違約金の確認と解約の手続きを済ませておいてください。
ちなみに、同じ会社を利用する場合でも、回線の変更やプロバイダのプラン変更でも違約金を請求されるケースもありますので、注意してください。
3)プロバイダへは連絡する必要があるのか確認する
プロバイダを継続的に利用できるとなった場合には、回線を変更したことを自分で連絡をしなければならないのか、絶対に確認しておいてください。
プロバイダはそのままだから大丈夫と思って、そのまま放置していると、後々トラブルに繋がることがあります。
プロバイダへは自分で連絡をしなければならないのか、連絡をしなくても良いのか確認し、必要であれば忘れずに連絡を入れておいてください。
4)プロバイダが指定されているか確認する

インターネット回線の中には、プロバイダも指定されていることがあります。
プロバイダが指定されている場合には、変更する時に同時に契約されてしまいますので、余計に月額料金が高くなってしまいます。
継続的にプロバイダを利用できるのか、解約しなければならないのかなど、事前に確認しておきましょう。

 

光回線を変更する時には、必ず上記のことを確認してから行動してください。
やり忘れていることなどがあると、後でトラブルになったり損してしまう原因になります。