プロバイダは必ず契約しないといけませんか?

インターネット回線だけではネットは繋がらない??

インターネット回線をあれやこれやと比較してやっとどれにするか決めたのに、今後はプロバイダをどれにするか決めなくてはいけない…。
しかもプロバイダは種類豊富ですから、知識がない人なら尚更分からなくて悩んでしまう状況に陥ってしまうと思います。
ですが、光回線やADSL回線というのは、プロバイダとも契約しなければネットができる環境にはならないのです。

 

プロバイダの役割って何だろう

プロバイダの役割は、「光回線やADSL回線とインターネットを繋げるためのかけ橋となる存在」です。
つまり、インターネットを利用するためには、光やADSLと言った、インターネット回線の他に、接続するサービスであるプロバイダが必要になるのです。
インターネット回線には月々の利用料金が定められていますが、プロバイダも同様に月額にして500〜1,000円程度の費用がかかります。
インターネット回線(光やADSL)と接続サービス(プロバイダ)を合計した金額がネット利用にかかる費用となります。

 

プロバイダの選び方

プロバイダの種類は豊富にありますので、目的を絞って選ぶと迷いません。
1)お得なキャンペーン重視で選ぶ
各プロバイダは、キャッシュバックや○カ月分利用料が無料といった嬉しいキャンペーンを行っていることが多いです。
このキャンペーンの内容で選んでいる人は結構多いかと思います。プロバイダの名前だけズラッと並べられていても、こちらからするとみんな同じに見えますから。
但し、キャンペーン重視で選ぶ時の注意点としては、「年間を通して魅力的なキャンペーンなのか」という点には注意してください。
プロバイダは一度契約すると乗り換えを検討しない限りは、2〜3年と長く利用することになると思います。
ですから、初めだけお得だからといって契約して、このお得な期間が終わったら月額の利用料が高かったなんてこともあるわけです。
長い目で見てお得になっているか、月額の費用を計算してみてください。
2)月々の利用料金の安さで選ぶ
プロバイダのサービスをほとんど利用しないという場合は、一番安いところを選ぶと良いでしょう。
3)オプションで選ぶ
各プロバイダは、インターネットを接続するサービスだけを行っているのではなく、メールやセキュリティ、動画サイト等々、その他のオプションも用意しています。月々にかかる費用に対して、オプションの充実度がどれくらいあるかという視点でプロバイダを選ぶと、よりプロバイダの良い面を活用できるのでお勧めです。