有線LANと無線LANはどっちのほうが速いですか?

有線LANよりも無線LANが便利!

無線LANとは、難しい知識を抜きにして簡潔に説明すると、「配線なしでインターネットができる」というものです。
有線LANは、端末とパソコンの間をLANケーブルで繋いでいる状態ですから、移動がしにくいというのが難点でした。
ですが、無線LANが登場してからは、端末から100メートル以内であれば、インターネット回線が配線なしに通じるようになりました。
端末とパソコン間の障害物にあたる壁などの材質によって繋がりにくいこともありますが、基本的には問題なくネットを楽しめるでしょう。

 

無線LANのほうが速い?

無線LANの利便性は、使ってみたことがあるならよく分かるでしょう。
有線LANではできなかった場所でもインターネットが楽しめるというのは、嬉しいですよね。
ですが、全てにおいて無線LANが優秀ということではありません。
利便性においては、圧倒的に無線LANに軍配が上がりますが、その他の要素も検証してみましょう。
≪どっちの方がスピードは速い?≫
スピードの安定性と速さにおいては、有線LANが今のところ優位に立っています。無線LANを使っていて、ネット環境にストレスを感じる場合、有線に切り替えてみると改善できることも多いようです。
≪ネット通信できる種類はどっちが多い?≫
無線LANはパソコンだけではなく、プリンタやゲーム、テレビにも配線なしで利用できます。
≪散らからないのはどっち?≫
パソコン周りが配線でごちゃごちゃになってしまう人がいると思いますが、無線LANにすると配線が減りますので、片付けやすくなります。
≪セキュリティはどっちが高い?≫
無線LANは外部から不正侵入されるというリスクが生じます。すると、個人情報などが第三者の手に渡ってしまう可能性も出てきてしまいます。
そのため、無線LANにはセキュリティ対策が不可欠です。
特に、初期に登場した無線LANはセキュリティが甘いことが心配されるので、最新のものにするとか、セキュリティの強化をしていれば問題はありませんので、安心してください。
≪どっちが安い?≫
無線LANは有線LANよりも費用は高くつきます。

 

 

ここまで、色々と比較してみましたが、必要ないのに無線LANを使っても高くついてしまいますので、必要性を確認した上でどちらにするか決めてください。
例えば、ワンルームのアパートに住んでいるのに、無線LANにしてみても、移動する距離がそれほどないのですから、無線LANにするにはもったいないですよ。
ですが、ゲームやネット通信したい物がパソコンの他にもあるのなら、無線LANがお勧めできます。