インターネットの料金って複雑なのでよく分かりません

料金体系が複雑に見えるインターネット回線

インターネットを自宅で楽しむためにどれくらいの費用がかかるのかを調べていくと複雑に見えてきてしまいます。
まず初期にかかる費用。工事費とか手数料とかが気になります。
それから、月額利用料についても毎月にことなのでちゃんと把握しておきたいし・・・。
でも、たくさんあるオプションはそもそも加入しないといけないのかどうかも分からない。
色んな情報でごちゃごちゃしているあなたのために、インターネット回線の料金の仕組みをシンプルにまとめました。

 

インターネット回線にかかる料金

1)工事費
インターネット回線を利用できるようにするために工事をしなければなりません。
工事をする場合にかかる費用はほとんどが数千円で済ませられます。
その理由は割引キャンペーンをしていることがほとんどだからです。
時期などによっては、工事費無料などのキャンペーンをしていることもありますので、キャンペーンを活用すればかなり安く済ませられます。

 

2)月々にかかる利用料金
月々にかかる利用料金は基本的に回線料金と接続料金の2種類あります。
毎月支払う額はこの2種類を足した金額になります。
回線料金は回線業者に支払う料金で、接続料金はプロバイダに支払う料金のことを言い、どちらも必ず支払わなければならなりません。
時には、どちらかしか表示していないこともありますので、念のため2つ合わせた料金なのか確認してみてください。

 

3)オプション料金
インターネット回線を契約すると、より便利にインターネットを活用できるオプションサービスがあります。
例えば、フレッツ光のオプションでいうと、セッション数を追加できるフレッツ・プラス、ブロードバンドをパワーアップできるフレッツ・vアプリなどがあります。
但し、このオプションを利用すると通常料金に追加されますので、必ず調べておきましょう。
フレッツ・vアプリでしたら、月額1回線に付き480円、フレッツ・プラスでしたらビジネスタイプが2,000円、それ以外だと1,000円で利用できます。

 

どうですか?
こうして分けて考えると、案外シンプルではないでしょうか。
工事費は大幅に値引きしてくれるキャンペーンを実施していることが多く、オプションは必要があれば加入するということになりますから、特に注目すべきは【月々にかかる利用料金】ですね。
今は色んな代理店は豪華なキャッシュバックキャンペーンなどを行っていますが、月々どれくらいかかるのかということも忘れずに計算しておいてください。