マンション専門プロバイダ・e-Broadの特徴

私が現在利用しているインターネット回線は「e-Broad」の光回線です。e-Broadは大阪に本社を構えるIT企業で、エンドユーザーではなく大家さんと契約して光インターネットサービスをマンション単位で提供している特殊なプロバイダです。

 

niftyやOCNなどと比べると知名度こそ低いですが、西日本では多くのインターネット対応物件でe-Broadのサービスが活用されています。

 

当初、私の入居したマンションはインターネットに対応しておらず、自分で回線工事を依頼しなければなりませんでした。しかし、最近になって大家さんがe-Broadと契約することになり、私の部屋にもe-Broadの光回線を引いてもらうことになりました。回線工事費や毎月の利用料はすべて大家さん側が負担してくれるため、実質無料でインターネットを利用できるようになりました。

 

それまで私は月額料金5000円ほどのNTTのADSL回線を利用していましたが、e-Broadの光回線に替えてから劇的に接続速度が向上しました。下り速度が10Mbpsから一気に80Mbps程度にまでアップし、非常に感動したことを覚えています。

 

使い方も非常に簡単で、壁に設置されたLANポートとパソコンのLANポートとをLANケーブルで接続するだけ。特別な設定をしなくてもすぐにインターネットを始めることができます。無線LANルータの設定をアクセスポイントにすればWiFiも利用できるため、快適なインターネットライフを満喫しています。

 

大分前にメンテナンス時に事故があってほぼ丸1日全くインターネットに接続できなくなるトラブルがありましたが、最近ではそんなことは一切なく、非常に回線も安定しています。

 

もし引っ越しする機会があれば、e-Broad対応のマンションを検討してみてはいかがでしょうか。