ADSLと光回線・・・どれにするべきか分かりません

インターネット回線選びに困ったら

インターネット回線っていくつか種類がありますが、調べていく内に一体何が良いんだか分からなくなってしまうことってあります。
それはインターネット回線というのは単にそのサービスが素晴らしいからという理由だけで決めることができないからです。
月々の費用はもちろんのこと、住環境や地域に適している回線でなくてはいけません。
今、ずば抜けて人気があるのは光回線ではありますが、ADSLにも魅力があります。
今回の記事は、ADSLと光回線で迷っている人のための内容になります。

 

ADSLと光回線を比べてみる

まずはそれぞれの特徴を簡単に説明します。
・ADSLとは→電話回線を通して利用できるインターネット回線。
・光回線とは→光ファイバーという専用回線を通して利用できるインターネット回線。
つまり、どの回線を通ったのかという違いがあるということです。
次に回線速度について。
・ADSL→下り50.5Mpbs/上り12.5Mpbs
・光回線→下り上りどちらも100Mpbs
どちらも最大で…ということですから、必ずこの速度が実現するということではありませんが、かなりの開きがありますね。
光回線は下り上り共に100Mpbsなので、これだけあればあらゆる操作においてストレスを感じることはないでしょう。
ただ、ADSLも上りは12.5Mpbsなので重い動画などのアップロードは時間がかかることもありますが、通常のネットを楽しむのであれば問題なく楽しめます。
最後に工事期間についてです。
・ADSL→ADSLは既にある電話回線を利用しますので、工事は必要ありません。目安としては1〜2週間くらいでしょう。
・光回線→一戸建てや光回線が通っていないマンションやアパートの場合、申し込んでから最低でも1カ月、長くなると3カ月程度かかることもあります。
これは、光ファイバーという専用回線を自宅まで通すための工事が必要だからです。長くて3カ月…というのは、工事が込み合っていることもあるためです。
但し、既に光ファイバーが引き込まれているマンションやアパートですと1〜2週間程度でインターネットが使えるようになることもあります。

 

光回線は電話回線の影響を全く受けませんので、インターネット回線が安定していて尚且つ高速だということで一気に注目を集めることとなりました。
ADSLもインターネット回線としては優れていますが、光回線がお住まいの地域で利用できるなら、光回線をお勧めします!