インターネット回線って種類の区別がつかなくて困っています...

分からないから決められない…

インターネットを楽しむ知識があっても、インターネット回線を選べる知識がないのは当然のことです。
Mpbsだとか、上りとか下りとか、ちんぷんかんぷんになってしまう人もいるでしょうし、インターネット回線がプランが多すぎてどれにしたらいいのか困っているという人もいるでしょう。
インターネット回線を選ぶ時のコツは実はとってもシンプルです。
それは、「あなたが一番大切にしたいことは何なのか?」をはっきりさせることです。

 

インターネット回線選び方の基準3つ

1)「インターネット回線に求めることはとにかく速さ!」という人
速さ重視の人は、光回線が一番お勧めです。
光回線は、通信速度が速い上に、回線自体も安定しているので、利用していてストレスを感じることはほぼないと言って良いでしょう。
動画もサクサク観れますし、ウェブページの表示も一瞬です。
特に、重いファイルや動画などをアップロードする時には、光回線とそうでない回線の違いを体感することができるでしょう。
ストレスなくネットを楽しみたいとか、自宅でネットを使ってお仕事をされているという人にとっては、光回線はその期待に応えてくるインターネット回線だと断言できます。
但し、光回線はあなたの住んでいる地域によっては、利用できない場合がありますので、申込する前には必ずエリア確認を行います。
エリアの確認は、自分自身で調べることもできますが、申込をすると担当者が改めて調べてくれるので、申し込んだ後に実は利用できなかったというトラブルはありませんので安心してください。
2)「自宅だけではなくて外出先でもネットを使いたい!」という人
自宅以外でもネット環境を利用したいという人は、高速モバイル通信がお勧めです。
端末を持ち歩くだけで、エリア内であればどこででも利用できるのが高速モバイル通信の最大の特徴です。
そして、月の利用料金も4,000円前後が相場と大変リーズナブルでもあります。
ただ、こちらも光回線と同様、利用できないエリアもありますので、申込前に自宅はもちろん、あなたの行動範囲がエリア内となっているかの確認が必要です。
それから、高速モバイル通信と言っても、通信速度は光回線やこれから説明するADSL回線よりもどうしても劣ります。
外出先で利用できるのは良いですが、ずっと使い続けるとなると、遅さにストレスを感じることも…。
ネットを頻繁に利用する人は、光回線と高速モバイル通信の両方を持って使い分けているというケースも多いです。

3)「光回線が使えない…」という人
地域によっては、光回線が使えない場合もあるということをお話しましたが、この場合は、電話回線から利用できるADSLがお勧めです。
光回線の勢いがすごいので、ADSLの契約数は減少傾向にありますが、光回線が開通できていない地域では、まだまだ快適なネット環境を提供してくれるインターネット回線です。
但し、NTT支局から離れれば離れるほど通信速度が遅くなるというのがデメリットになります。